朝比奈 誼先生のフランス語にまつわる素敵なお話




セ・サンパ
感じいい!親切!ちょっと贅沢!「セ・サンパ」とパリジャンは表現します。そんなサンパなパリを、ほぼ毎週更新でご紹介しています。
フランス人はジョークがお好き 2017.06エッセイ・リストback|next

TGVinOUIの英姿 ※画像をクリックで拡大
 SNCF(Société Nationale des Chemins de fer Français)フランス国鉄は7月から営業 運転を開始するTGVを、 « TGV inOUI »([inwi]という音はinouï「驚くべき;前代未聞の」という形容詞を連想させる)と命名すると発表した。とたんにマスメデイアやtwitterで大騒ぎになった。会社側は釈明して、すでに評判の高いTGV Ouigo「格安新幹線」(そもそもこのOuigoが英語のwe goから来たblague「ジョーク」だ)との違いを強調したかった、というのも新しいwagon-bar「ビュッフェ」やWi-Fiの車内利用などサービスがめざましく革新されているからだ、とした。しかし、議論が沸き立つなかで、TGVという呼称自体がinOUIに改変される、そんな誤解まで生じて、保守的な姿勢で知られるle Figaro紙(6月1日付け)はつぎのように書くにいたった。
 Le SNCF se le tiendra pour dit: on ne touche pas impunément au TGV en France. Ce train est une vache sacrée de la France colbertiste, une idole que l’on aime et que l’on aime détester, un concentré de nos fiertés et de nos frustrations nationales. Il est un emblème d’un certain génie français, symbole d’innovation, et d’un succès, d’ailleurs beaucoup copié…
 「フランス国鉄は文句を言ってはなるまい。というのも、フランスでTGVに言及すれば、ただですまないのだから。TGVは金儲けを目指すフランス(Jean Baptiste Colbertは17世紀、ルイ14世のもとで重商主義を推進し、祖国に経済的繁栄をもたらした。彼の名に由来するcolbertismeとmercantilismeはともに「重商主義」を意味する)の聖牛であり、大好きな人もいれば、けなすことが好きな人もいるアイドルであり、フランス人の国民的プライドやフラストレーションのエキスなのだ。それは革新の才をあらわすフランス精神の一面の象徴、産業的成功の象徴なのだ、もっとも、ずいぶん模倣をされたが…」
 余談だが、日本の新幹線の工事開始は1959年、フランスで高速鉄道の研究開発がさかんになるのは1960年代のことだから、日本の方が先行していることを一言しておく。
 さて、利用客の意見を聞いて採用されたという新名称TGV inOUIは出鼻を挫かれた恰好だが、このニュースの裏をかえせば、この話題に夢中になるほど、フランス人はジョーク好きな国民であるということである。
 手近な例として、フランスの子供が好きな駄菓子Carambarをとりあげよう。この名はcaramel「キャラメル」と barre「棒」の合成語、要するに棒状のキャラメル(変遷をへて、いまは長さ8センチ、重さ8グラム)だが、これが1954年の発売以来、製造元が何回か国籍を変えた(いまはフランスに戻った)のに、変わらぬ人気をたもっている。その理由の一つは、包み紙のなかにプリントされたジョークの魅力だという。子供たちはそれを知りたくて、つい買ってしまうらしい。
 その結果、blague Carambarという言葉までできた。これは「お粗末なジョーク、駄洒落、おやじギャグ」といった意味だが、それに関連して、2013年に起こった一大騒動にふれておこう。製造元がこのジョーク印刷の慣行を廃止し、今後はjeux ludo-éducatifs「教育遊具」(昔あったグリコの「おまけ」のようなものか?)を添えると発表した。マスメディアがいっせいにこれを報道したところ、全国的に反対の声がたかまり、しまいにはpétitions「署名による存続請願書」騒ぎにまで発展した。面白いのは、そのあとで、この発表そのものが製造元と広告会社がたくらんだ偽情報にすぎないことが判明し、これがla plus grande blague de l’année「年間最高のジョーク」になったこと。
 以下、Topitoというウエッブ・サイトに掲げられたTop 20 des pires blagues Carambar de l’histoire「史上最低のカランバール・ジョーク」からいくつか紹介する。

Carambar ※画像をクリックで拡大
 ◆Quelle est la femelle du hamster? --- L’Amsterdam
 「ハムスターの雌は何?」「アムステルダム」
 ⇒[amstεr]。なお、普通はオランダの都市名に定冠詞をつけることはない。
 ◆Quel est l’animal le plus heureux? --- Le hibou, parce que sa femme est chouette
 「一番幸せな動物は何?」「ミミズク、彼の妻がきれいだから。」
 ⇒chouette:[名詞]「フクロウ」は[形容詞] 「すてきな、きれいな」と同音異義語。
 ◆Quel est le fruit préféré de l’homme? --- L’ananas.
 「男が好む果物は何?」「パイナップル」
 ⇒音から、la nana:「女の子;若い娘;(年齢にかかわらず)女性」を連想する機能が働く。
 ◆Qu’est-ce que les enfants usent le plus à l’école? --- Le professeur!
 「子供たちが学校でいちばん酷使しているものは何?」「先生!」
 ⇒userはdimininuer ou supprimer les forces de qn「人の体力・気力を減退させる、消尽させる」の意。Le travail m’a usé.「ぼくは仕事でくたくただ」。場合によると、「人」が主語になって、Il nous use!「おれたち、あいつのせいでへとへとだ!」のようになる。上のように訳したが、英語風に「使う」の意味のときは、user de ~の形をとる。
 ◆Quel est le point commun entre le pêcheur et un mannequin?
--- Ils surveillent leur ligne.
 「釣り人とファッションモデルの共通点は何?」
 「両方ともライン(釣り糸/体型)を見守っている。」
 ◆Quel est l’animal le plus à la mode? --- La taupe modèle.
 「最もファッショナブルな動物は何?」「模範的なモグラ」⇒[英]top model
 ◆Pourquoi ne faut-il jamais raconter d'’histoires drôles à un ballon?
 --- Parce qu’il pourrait éclater de rire.
 「風船に笑い話をしてはぜったいにいけないのは何故?」
 「風船が笑いすぎて割れてしまうかもしれないから。」
 ⇒éclater de rire:「(耐えかねて)笑いだす」と「(風船、爆弾などが)破裂する」をかけた。
 思えば、他愛ない冗談ばかりだが、子供はこれを読んで大人になっていく。そして「光」とか「望み」ではなくて、TGV inOUIなどというネーミングを思いつく。そう考えると、笑ってばかりいられない気がする。


 
筆者プロフィールback|next

【NET NIHON S.A.R.L.】
Copyright (c)NET NIHON.All Rights Reserved
info@mon-paris.info